参拝方法

手水 (てみず)の作法

出雲大社でお参りする際はまず手水舎で手水を行います。
手水によって自らの穢れを払います。手水は禊を略式化したものです。

出雲大社でお参りする際はまず手水舎で手水を行います。手水によって自らの穢れを払います。手水は禊を略式化したものです。

1

はじめに左手を清める。

temi01

2

次に右手を清める。

temi02

3

左手で口をすすぐ。

temi03

3

左手で口をすすぐ。

temi03

4

再び左手を清める。

temi01

4

再び左手を清める。

temi01

5

残った水で柄を経てて杓を洗い流す。

temi04

6

柄杓を伏せて、元の位置に戻す。

temi05

二礼四拍手一拝の参拝作法

お参りする際は、二礼四拍手一拝の作法で行います。

お参りする際は、二礼四拍手一拝の作法で行います。

1

背中を丸めず真っすぐにして拝(90度の礼)を2回する。

hai02

2

両手を目の高さに持ち四拍手する。

4hakushu

3

背中を丸めず真っすぐにしてもう一度拝をする。

hai02

3

背中を丸めず真っすぐにしてもう一度拝をする。

hai02

玉串 (たまぐし) 拝礼

玉串とは、榊(さかき)の枝に木綿(ゆう)または紙をつけたものをいいます。
御神前に奉り、玉串拝礼という形で自らの気持ちをこめてお参りすることで、人の願いが神様に伝わるとされています。

玉串とは、榊(さかき)の枝に木綿(ゆう)または紙をつけたものをいいます。御神前に奉り、玉串拝礼という形で自らの気持ちをこめてお参りすることで、人の願いが神様に伝わるとされています。

1

神職から玉串を受け取り、根元を右手で上から持ち、左手を下から添える。

tamagushi01

2

玉串を目の高さに持ち、玉串案と呼ばれる机の前に進み、会釈(15度の礼)をする。

tamagushi02

3

玉串を時計回りに回し、ご神前に向かって縦にし、会釈をする。

tamagushi03_2

3

玉串を時計回りに回してご神前に向かって縦にし、会釈をする。

tamagushi03_2

4

玉串を目の高さに持ち上げて根元をおなかに引くようにして拝(90度の礼)を2回する。

tamagushi04

4

玉串を目の高さに持ち上げて根元をおなかに引くようにして拝(90度の礼)を2回する。

tamagushi04

5

玉串を水平に時計回りに回し、根元をご神前に向ける。

tamagushi05_2

6

玉串案の上に置き、やや下がって四拍手一拝をし、会釈をする。

tamagushi06